レッドファントムテトラ

レッドファントムテトラ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

ブラックファントムテトラが黒を基調としているのに対し、レッドファントムテトラ(学 名:Hyphessobrycon sweglesi)は、赤がベースなっています。透明感のある赤い体色と、体の中央に入るブラックスポットが印象的です。ブラックファントムと同じ4㎝程度のサイズの小型カラシンです。

ブラックファントム似たような体型をしていますが、各ヒレはブラックファントムほど大きくなりませんが、そうは言っても、成熟したオスの背ビレが著しく伸張した姿は実に見応えがあります。

ブリード種が大量に出回っていますが、ワイルド種も比較的入荷しています。
ワイルド種は、オリノコ川(ベネズエラ)に分布しています。

採集地によって違いが見られ、背ビレに黒色が入らないもの、黒斑の大きさが異なるもの……など、個体にバリエーションがありますので、いろいろ眺めたり、集めてみたりするのも楽しいでしょう。
特に赤の発色の強いワイルド種の個体は「ルブラ」と呼ばれていて、珍重され、ショップで「レッドファントム・ルブラ」として、販売されているのを見かけることもあります。何匹か揃えて飼うと、水槽の水に独特の艶のある赤が、実にキレイに映えます。

飼育はものすごく難しい訳ではありませんが、水質にはある程度気を配るようにします。ろ過の効いた弱酸性の水で丁寧に育てると、より赤さが増していきます。

繁殖については、かなり難しいと言えます。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


レッドファントムテトラにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*