グローライトテトラ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

グローライトテトラ(学名:hemigrammus erythrozonus)は、やや黒みがかった半透明の体に、尾びれ付けから頭部にかけてオレンジ色のラインが1本入った体長3~4㎝の小型の美しいカラシンです。体側中央に鈍く光るオレンジのラインには、思わず目を向けてしまいます。

基本的には何でも食べますが、飼育は容易で、ネオンテトラ同様飼育が容易で、人工飼料でもよく育ちますが、餌は控えめの方が美しいプロポーションを維持しやすくなります。

穏和なため他魚とのコミュニティが容易であることから、ビギナーにとっては最適な種の1つです。

繁殖についても、カラシンの中では容易な部類に入ります。

原種は南米ギアナのエキセボ川に分布していますが、東南アジアを中心に養殖されています。

実に廉価で入手可能な割には、群泳させた場合の美しさは絶品です。廉価に流通したのも美しい種類だからこそ普及したものとも言えます。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


グローライトテトラにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*