グリーンファイヤーテトラ

グリーンファイヤーテトラ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

グリーンファイヤーテトラ(学名:Aphyocharax rathbuni)は、その名が表す通り、体表にグリーンと火のような赤の入った、全長4cm程の小型カラシンです。成長したオスの体は、全身がエメラルドグリーンに輝き、臀鰭から尾鰭にかけての赤との対比が美しい熱帯魚です。

飼育は容易ですが、跳ねることの多い魚なので、飛び出してしまわないように、水槽にはしっかりと蓋をする必要があります。

他の小型カラシンの仲間同様、少数でも群れで飼うと、怯えることもなくなり、餌食いも良くなります。糸ミミズやミジンコなどの活餌や冷凍飼料からフレークフードのような人工飼料にいたるまで、何でもよく食べます。

古くから知られていることもあり、養殖物が大量に流通しています。安価に販売されています。ワイルドは、パラグアイ~ブラジルを流れるパラグアイ川流域で採取され、僅かながらもこうした採取種が入荷することもあります。ワイルド種の発色は、養殖個体とは比較にならないほどの美しさがあります。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


グリーンファイヤーテトラにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*