フレームテトラ(ファイヤーテトラ)

フレームテトラ(ファイヤーテトラ)


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

フレームテトラ(学名:Hyphessobrycon flammeus )は、3㎝程度の小型カラシンで、古くから知られるポピュラな1種です。
英名で「Flame(炎)」と言うように、成長すると、ややピンクがかった体色が明るく艶かな赤色の発色を放つようになります。

飼育は容易で、水質にもあまりうるさくなく、初心者には嬉しい熱帯魚です。
餌も糸ミミズやミジンコなどの活餌や 冷凍飼料からフレークフードのような人工飼料まで何でもよく食べます。

協調性も高い魚で、コミュニティータンクの良き住人になりますが、元気な個体は小競り合いを起こすこともあります。過密で状態で飼育すると、ヒレを裂いてしまう事態も起こりますので、スペース的に余裕を持って、水槽に泳がせるようにします。

原種はブラジルですが、東南アジアからの養殖種が安価で販売されています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


フレームテトラ(ファイヤーテトラ)にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*