アルビノカージナルテトラ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

アルビノカージナルテトラ(学名:Paracheirodon axelrodi var.)は、カージナルテトラの突然変異で現れた色彩変異を固定した改良種です。

目の色も含めてメラニン色素の欠落したこの種は、腹部の赤い色彩が水槽内で際立つことから、高い人気があります。

アルビノ化によく見られるような虚弱さも見られず、丈夫で飼いやすい種類となっています。4~5㎝の体長に、その飼育方法もカージナルンテトラと同じです。

近年になって紹介された品種で、主にヨーロッパから輸入され、ノーマル種に比べて数倍程度の高値で取引されます。価格的に大量に群泳させることは難しいかもしれませんが、今後さらに普及することによって、価格も下がる可能性もあります。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


アルビノカージナルテトラにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*