ブループラティ

ブループラティ.png
ブルー・プラティ
写真提供:オオツカ熱帯魚

レッド・プラティが赤を基調としたプラティの改良品種なのに対し、ブルー・プラティ(学名:Xiphophorus maculatus var.)は、淡いブルーを基調としたプラティの改良品種です。養殖の段階で、さまざまな血統による他種の特徴も交ざり合っていますので、ブルーを基調とする以外には、個体によって、さまざまなものが見られます。

サイズはメスの方が大きく、オスは4㎝、メスは6㎝で、サイズさえ合わせてやれば、性格は温和なので、さまざまな魚との混泳を楽しむことができます。

原種はやや低い水温を好む種類ではありますが、改良品種は高い水温にも耐え、飼育することができます。あまり低いpHは好みませんので、pHが下がりやすいような場合は、水換えを増やしたり、サンゴ砂などを入れてやったりするといいでしょう。

餌も糸ミミズやミジンコなどの活餌、冷凍飼料、フレークフードのような人工飼料、何でもよく食べます。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ブループラティにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*