ブラックライヤテールモーリー

ブラックライヤテールモーリー

ブラックライヤテールモーリー.png
ブラックライヤテールモーリー
写真提供:オオツカ熱帯魚

ブラックライヤテール・モーリー(学名:Poecilia sp)は、ブラックモーリーの尾びれをライヤテールに改良した品種です。

メキシコ原産のブラックモーリーの尾ビレを、ライヤーテールにした改良品種です。

ブラックの落ち着いた体色は、黒いマントを羽織るようなシルエットで、優雅な雰囲気の魚です。

性格は大人しい魚ですが、活発に泳ぎます。サイズに差がなければ、ほとんどの魚と混泳可能です。

大食漢のところがあり、他の魚を追い回して、餌を取ってしまうようなこともあります。

藍藻を食べてくれることでも有名で、草食性です。餌についても、人工飼料でも構わないのですが、植物性のエサが好ましいと言えます。

メスの方がはるかに大きく、オスは5~6㎝なのに対し、メスは10㎝にもなります。

繁殖力は凄まじく、初心者でも繁殖させることができます。

東南アジア各所にて、大量に養殖され、ブラックモーリーと価格がそれほど変わらないため、最近ではノーマルタイプよりもポピュラーになってきています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ブラックライヤテールモーリーにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*