インペリアルゼブラ・プレコ


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

観賞魚としてのプレコの人気は、このインペリアルゼブラプレコ(学名:Hypancistrus zebra)が火を着けたと言っても過言ではありません。

インペリアルゼブラプレコは、プレコの仲間でも、最大で10㎝ほどのサイズの小型種で、白地に整った黒ラインが入る美しい模様は、水槽内の掃除屋としての脇役的なプレコのイメージを払拭させるだけのインパクトがあります。

ブラジル・マトグロッソ高原から北へ流れ、アマゾン川河口のデルタでアマゾン川に合流するシングー川に生息しています。渓流のような流れの強い水系で生息していることから、水槽内にはエアーレーションを強くして、水流とともに酸素を十分に行き渡らせる必要があります。その他飼育については、状態の良いブリード種が入手できれば比較的容易です。餌は植物質をメインとして、与えるようにします。

雌雄の判別も可能で、ブリード個体が流通していることから、繁殖のノウハウもある程度確立されています。石や流木にプラスして、飼育個体分以上の陶器製の土管などのシェルターを、用意してやるようにします。陶器製の土管は、産卵床としても用いられます。オスは、7cmクラスになると、シェルターに入り、他のインペリアルゼブラに対して、雄雌問わずサイドから威嚇します。

メスは6cmくらいから身体全体、卵を腹に持ち始めるせいか、腰の辺りに丸みを感じるようになります。メスはテリトリーを持ったオスに近付き、シェルターの入り口付近でオスの機嫌を伺って待機します。あるとき、メスがシェルターの奥に半ば強引に入り込む姿が見られるようになります。

メスの腰の辺りのふっくら感がなくなり、少し痩せたような体型になっていて、オスが身体を半身にして入り口付近をガードするようにしていれば、シェルターの奥に10個程度卵は生まれている可能性があります。卵は 直径2ミリ位の薄透明感のある黄クリーム色で、ブドウのように一塊になっています。

透明感のない乳白色のものは、無精卵と考えていいと思われます。 産卵後1~2日とすると、卵の真ん中に脊髄と思われる赤いラインが入り、その2日後には孵化します。孵化直後、卵にそのまま頭と尻尾が生えたような格好をしています。孵化後2~3日すると、インペリアルゼブラ独特の模様も徐々に表れて来ます。

稚魚の餌にはブラインシュリンプなどを与えるようにします。稚魚はお腹が空になったらすぐにで死んでしまいますので、常に餌のある状態に置くようにします。孵化後3~4ヶ月もすると3cmほどになると、餌も親と同じ物を与えても大丈夫です。

1980年台後半に、日本人の著名な採集家によって、アマゾン川の支流で発見されてから一躍有名となりました。輸入当初かなりの高額で取引されたことから、国内愛好家のブリーダーが繁殖を試みるようになり、成功するようになりました。

乱獲から生息数を減らしたことから、現在ではブラジル政府による輸出規制が設けられています。現在世界中で人気があり、熱帯魚としては高価で取引きされています。国内のブリーダーによる個体は、環境に馴染むのも早く、飼育も楽です。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


インペリアルゼブラ・プレコにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*