チョコレートゼブラプレコ

チョコレートゼブラプレコ.png
チョコレートゼブラプレコ
写真提供:レヨンベールアクア熱帯魚飼育図鑑

チョコレートゼブラプレコ(学名:Hypancistrus sp)は、インペリア系インペリアル系(ヒパンキストルス属Hypancistrus)の12㎝程度の小型プレコです。

インペリアル・ゼブラ・プレコに似た体色ですが、黒の部分がチョコレート色になることからこの名前がついています。美しい縞模様にはバリエーションが見られ、ラインの太さもさまざまです。キングタイガー・ペコルティアのように縞模様がダップルになる個体は見られず、比較的綺麗なバンド模様をもつのが特徴です。

コケ取り専用とまで行きませんが、流木や水槽のコケを食べます。流木や水槽に吸い付く愛嬌ある姿も見せてくれます。

タパジョス川に生息しています。南方、ブラジル高原方面からアマゾンへ流れて来る川には、きれいな水が多いのですが、タパジョス川もこれに漏れることなく、「澄んだ川」の代表とも言える川で、泥をほとんど含まず、有機物も溶けていないきれいな水をしています。ですので、チョコレートゼブラプレコも、酸性に傾かない、中性の水を好みます。

大人しいので多くの魚と混泳が可能です。

その他飼育については、イネペリアルゼブラプレコと同じです。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


チョコレートゼブラプレコにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*