ミクロゲオファーガス・アルティスピノーサ

ミクロゲオファーガス・アルティスピノーサ


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

ミクロゲオファーガス・アルティスピノーサ(学名:Mikrogeophagus altispinosus)は、ラミレジィと同様、ミクロゲオファーガスの仲間です。最大で10cmと、ラミレジィよりも大きくなり、体高もあるので、水槽内で存在感を発揮します。

やや大きくなる種類ですが、温和な性格で、口に入らないような魚であれば、原則として混泳は十分可能です。

雌雄の判別は、ラミレジィに比べて、やや難しくなります。飼育や繁殖については、ラミレジィと同様で、状態のいい飼育環境で、雌雄が揃っていれば、繁殖もさほど難しくありません。

ワイルドは、マディラ川上流、ブラジル中央部にあるグァポレ川、マモレ川に分布していますが、古くから東南アジアで養殖されていました。それほど流通量が多い種ではありませんが、繁殖個体が出回っています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ミクロゲオファーガス・アルティスピノーサにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*