レタカラ・ドルシゲラ・アラグアイア

レタカラ・ドルシゲラ・アラグアイア


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

ドワーフ・シクリッドと呼ばれる魚の仲間には、アピストグラマ(Apistogramma) やミクロゲオファーグス属(Mikrogeophagus)やアピストグラモイデス(Apistogrammoides)などがあります。レタカラ(Laetacara)も、そうしたドワーフ・シクリッドの1つです。

レタカラ・クルヴィケプスが青色を基調としたレタカラなのに対し、レタカラ・ドルシゲラ(学名:Laetacara dorsigera)は、緑味のかかった色合いで、腹部は赤く染まります。体長は6~8㎝ほどで、タイエリやクルヴィケプスに比べて、小型のシクリッドになります。

性格や飼育、繁殖については、タエリア、クルヴィケプスをはじめとする他のレタカラ一般と同じです。ワイルドは、タイエリより東のブラジル・アラグアイア川に分布しています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


レタカラ・ドルシゲラ・アラグアイアにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*