アピストグラマ・ボレリー・イエローフェイス

アピストグラマ・ボレリー・イエローフェイス


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

アピストグラマ・ボレリー・イエローフェイスは、鮮やかな黄色に染まる頭部が特徴のアピストグラマ・ボレリーです。バリエーションが豊富なボレリーの中でも、比較的目にする機会の多いタイプです。

アピストグラマ・ボレリー(学名:Apistogramma borellii)は、アピストグラマ・アガシジィ、アピストグラマ・カカトゥオイデスよりもやや小型の種類になります。

オスとメスとでは体色もサイズも異なり、青味ががった体色の発色がキレイなオスに対し、メスはやや黄味ががっています。サイズもオスの成魚は6㎝くらいですが、メスはオスよりやや小さくなります。

ブラジル中央を南部に流れるパラグアイ水系に生息しているワイルド種と並んで、東南アジアで養殖されたブリード種も流通しています。ブリード種の飼育は、ある程度熱帯魚飼育に慣れた人であれば、飼育はさほど難しくありません。

アピストグラマの中では、小型の種類で、温和な性格なので、狭い水槽での飼育や繁殖も可能です。

養殖種に比べ、ワイルドでは、水槽に入れた直後は、水質の管理や餌などに関して、やや気難しさを感じさせることがあります。餌や飼育や繁殖については、アガシィをはじめとする他のアピストグラマと同じです。飼育に関しては、他のアピストグラマと同じです。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


アピストグラマ・ボレリー・イエローフェイスにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*