アピストグラマ・ボレリー・レッドマスク

アピストグラマボレリーレッドマスク.png
アピストグラマ・ボレリー ・レッドマスク(オス)
写真提供:レヨンベールアクア熱帯魚飼育図鑑

アピストグラマ・ボレリー・レッドマスクは、名前の通り、頬に赤いマスクのような赤いスポットの入るボレリーの1タイプです。やや体高が高く、大きな背びれが印象的です。

アピストグラマ・ボレリー(学名:Apistogramma borellii)は、アピストグラマ・アガシジィ、アピストグラマ・カカトゥオイデスよりもやや小型で、オスの成魚で6~7cmほどのサイズの種類です。メスはオスよりやや小さくなります。

オスとメスではかなり体色に違いがあります。体表がブルーに輝き、背ビレや腹ビレも大きなオスに対し、メスの体色は黄~茶色ががり、ヒレもオスに比べて、ほとんど目立ちません。

飼育・繁殖ともに容易です。

ブラジル~パラグアイを流れるパラグアイ川水域に生息しています。比較的安価に販売されています。

その他餌や飼育や繁殖については、アガシィをはじめとする他のアピストグラマと同じです。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


アピストグラマ・ボレリー・レッドマスクにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*