アピストグラマ・ボレリー・オパーリン

アピストグラマ・ボレリー・オパーリン


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

アピストグラマ・ボレリー・オパーリンは、ボレリィの1タイプで、ブルーメタリックの色彩が特徴的です。

アピストグラマ・ボレリー(学名:Apistogramma borellii)は、ブラジル~パラグアイを流れるパラグアイ川水域に生息し、カラーバリエーションが豊富です。アガシジィ、カカトゥオイデスよりもやや小型で、オスの成魚で6~7cmほどのサイズのアピストグラマです。メスのサイズは、オスよりもやや小さくなります。

オスとメスではかなり体色が異なり、オスの体色はブルーに輝くのに対し、メスは黄~茶がかっています。各ヒレについても、オスは立派なのに対し、メスのヒレ全体目立たない感じがします。

餌や飼育、繁殖については、基本的には他のアピストグラマに準じますが、アピストグラマの仲間では、飼育・繁殖ともに比較的容易な部類に入ます。水質についても、それほど厳密にならなくとも育てることができます。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


アピストグラマ・ボレリー・オパーリンにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*