ブラックコロソマ(コロソマ・タンバッキー)

コロソマ(コロソマ・タンバッキー)(学名:Colossoma macropomum) は南米のアマゾン川水系などに生息する大型淡水魚です。ピラニアと同じカラシン科・セルラサルムス亜科(Serrasalminae)に属します。ピラニアに体形は似ているものの、肉食性ではなく、植物質を主体とした雑食性です。大型動物を襲うようなこともなく、水面に落下する樹木の種子などを、ペンチのような歯で割って食べています。

オリノコ川水系のアマゾン川に分布し、非常に大型になり、体長は40cm~100cmにも達し、公式な採集記録では、40kgの個体もあるそうです。おとなしい性質のために大型魚との混泳に向きますが、かなりの大型魚なので、飼育に関しては大型水槽が必要になります。

現地では「タンバッキー」と呼ばれ、食用魚としての人気が高く、市場やレストランなどで目にします。水産上重要な食用資源として、南米各地で養殖も行われ、野生種は保護の対象にもなっています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ブラックコロソマ(コロソマ・タンバッキー)にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*