ポリプテルス・オルナティピンニス

ポリプテルス・オルナティピンニス


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

ポリプテルス・オルナティピンニス(学名:Polypterus ornatipinnis)は、「綺麗な羽根飾り」を意味する名前で、ベージュの地肌に細かな黒い模様が美しい魚です。ポリプテルス目・ポリプテルス科に属します。

60cm近く成長し、上顎が突出するパルマスタイプのポリプテルスでは最大の種類になります。飼育するには、最低でも120cm以上の水槽が必要になります。

縞模様の上に入るニシキヘビのようなぼんやりとした網目模様は、成長につれて目立たなくなります。

同グループの中では大人しい部類に入りますが、それでもかなりの大きさの魚を捕食するため、混泳に際しては注意が必要です。

金魚などの生き餌を好みますが、慣らせば大型魚用の人口飼料にも餌付きます。

アクアリウムにおいては、30㎝ほどのサイズのポリプテルス・パルマス (学名:Polypterus palmas)と並んで、人気のあるポリプテルスです。古くから愛好され、養殖個体も出回るため入手する機会も多く、価格的にも手を出しやすくなっています。アフリカ・コンゴー川流域と、弱アルカリ性硬水の水質で知られているタンガニーカ湖に棲息しています。丹念な水合わせが必要になります。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ポリプテルス・オルナティピンニスにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*