ピメロドゥス・ピクタス


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

ピメロドゥス・ピクタス(学名:Pimelodus pictus)は、非常に活発に泳ぐナマズの仲間で、シルバーのボディーに、黒いスポットの入る体色は美しく、また長い口ヒケも目を惹きます。

南米に多くの種類が生息するピメロドゥス科 (Pimelodidae)のナマズの仲間で、ショップで目にする機会も多く、もっともポピュラーで、人気の高い種類です。

餌は人口飼料から各種冷凍飼料、生餌まで、何にでも餌付き飼付きます。長く伸びたヒゲを使って豪快に餌を探す姿も、目を楽しませてくれます。

輸入されて間もない個体は、水温の変動による白点病に弱い面があります。いったん水槽に落ち着いてしまえば、飼いやすい魚です。

11~12㎝程度と、それ程大きくは成長せず、また温和なため、コミュニティータンクにも向きますが、ただし、スマートな体付きの割には大食漢なので、テトラなどの小さな魚は食べてしまいます。混泳の際は、サイズを合わせて入れるようにします。
また非常に活発に泳ぎ回りますので、余り動きのない魚と混泳させると、相手の魚をイライラさせ、ストレスにしてしまう可能性があります。
ほぼ判別不能です。繁殖期にお腹が膨れるのはメスでしょうけど、水槽内での繁殖はほぼ
雌雄に判別は不可能で、水槽内での繁殖の事例はないようです。
オリノコ川水系に生息しています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone