トウアカクマノミ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

トウアカクマノミ(学名:Amphiprion. polymnus )は、白く縁取られた尾ビレに、背ビレの白いバンドが、腹部まで達しない鞍(くら)を掛けたように見えるのが特徴です。顔と腹部はオレンジ色で、外見はクマノミに似ています。

西部太平洋~インド洋に分布し、主にイボハタゴイソギンチャクと共生し、やや内湾性の環境を好みます。生育環境から、25℃前後の水温での飼育が適温とされています。

雑食性で、人工乾燥飼料に対する餌付きもいいとされています。

群泳型で、丈夫で飼いやすい種類です。

全長12~15cmと、やや大型になる種で、成長すると、気が荒くなる傾向にあります。

手頃な価格で販売されています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


トウアカクマノミにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*