ハナビクマノミ


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

ハナビラクマノミ(学名:A. perideraion )は、全長9cmほど、薄いピンク色をした、上品なイメージのクマノミです。エラ蓋上に白い線があります。西部太平洋に分布し、日本では奄美大島以南のサンゴ礁の外側の比較的潮通しのよい場所で見られます。

主にハタゴイソギンチャクや、センジュイソギンチャクと共生しています。

丈夫で、人工飼料にも餌付きやすく、飼いやすい魚ですが、テリトリー意識が強く、同種間で激しく争うことがありますので、この点には注意が必要です。

手頃な価格で販売されています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ハナビクマノミにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*