ハマクマノミ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

ハマクマノミ(学名:Amphiprion.frenatus)は、鮮やかな朱色と白い帯のコントラストが美しい、全長12cmほどで、クマノミです。ファンの間では、「トマト」の愛称でも親しまれています。

幼魚はクマノミと同様の3本帯がありますが、成長すると、後ろの2本が消えて、頭にあった白帯だけが残るようになります。

西部太平洋からインド洋にかけて分布し、タマイタダキイソギンチャクと共生しています。

丈夫で、雑食性で人工乾燥飼料でも餌付けしやすい種類です。群泳型で、混泳も可能です。

大変飼いやすい種類と言えますが、ただし、大きくなると、特に攻撃性が強くなるので注意が必要になります。

手頃な価格で販売されています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ハマクマノミにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*