レッドライン・ラスボラ

レッドライン・ラスボラ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

レッドライン・ラスボラ(学名:Rasbora pauciperforata)は、口から尾ビレにかけて一本の赤いライン入るため、この名称で呼ばれています。ヒレが長いのも特徴で、 7cm 程度までのサイズのラスボラです。

レッドラインラスボラは東南アジア原産のラスボラの1種です。 

飼育は難しくありませんが、弱酸性の飼育水でじっくり飼い込むことにより、レッドラインの赤さが増していきます。

赤いラインは体調や気分で色の濃淡が現れ、ショップ水槽では色が出ていないことも多く、地味な印象を受けることもありますが、管理の状態や魚の気分がよくなると、色が濃くなり、美種に変わります。

餌は何でも食べます。

マレー半島、インドネシア・スマトラ島の川などで、群れで生活している魚なので、まとまった数を飼育していくと、餌に早く慣れ、人工飼料でも冷凍飼料でも、何でもよいです。

比較的安価に販売されています 。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


レッドライン・ラスボラにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*