ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼ


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

ニチリンダテハゼ(学名:Amblyelotris  randalli)は、背ビレを広げると、丸い大きなウチワのようになるのが特徴のハゼです。白い水玉模様に、中央に黒いスポットのある透明な背ビレは、涼しげでいて、とても不思議な感じがします。

体長9㎝ほどのハゼの仲間で、ヤマビキハゼと同じくハゼ科(Gobiidae)・ダテハゼ属 (Amblyeleotris)に属します。 

半透明な体はオレンジのラインが入っていて、色彩的に大変美しい。西部太平洋、西表島、奄美大島、沖縄諸島伊江島、石垣島などの内湾の湾口、サンゴ礁の礁斜面の、水深15~50mの所に生息しています。よくリーフや岩が垂直に近い形で深場まで落ちたドロップオフ下の砂溜りで発見されます。

テッポウエビ類と共生することでも知られています。臆病なので、ほか混泳させる場合は、隠れ場所のある環境で、同じくらいのサイズの、大人しい性格の種類の魚を選ぶようにします。いじめられると、ストレスで長生きしなくなります。

雑食性で、乾燥飼料にも慣れやすく、飼い易い種類です。

3,500円~と、観賞用ハゼの中では、そこそこ高めになっています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ニチリンダテハゼにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*