キイロサンゴハゼ

キイロサンゴハゼ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

キイロサンゴハゼ( 学名:Gobiodon okinawae )は、頬に白っぽい部分があるほかは、一面鮮やかにまっ黄色な大変美しい、体長3cmほどの小型ハゼです。

ハゼ科( Gobiidae )・コバンハゼ属 (Gobiodon)に属します。

南日本からグレートバリアリーフ南端までの西太平洋に分布すし、サンゴの枝間などによく見られます。特にミドリイシ属系のサンゴが発達した場所を好んで棲んでいます。

ハゼには遊泳型と底生型の大きく分けて2種類がありますが、ハタタテハゼは遊泳型で、きれいな姿で、ひらひらと泳ぎます。水の中を漂う鮮やかな黄色の体色は美しく、小型のサイズも相俟って、実に可愛らしく目に映ります。

慣れると乾燥飼料も食べるようになります。キョーリンの冷凍コペポーダ、メガバイトなどもよく食べます。

縄張り意識が強いところがあり、けっこう気の強い面を見せたりします。

とにかく小型魚なので、混泳は大人しい種類に限られます。
繁殖例が多いので、ペア飼いに適しています。

手に入りやすい価格で出回っています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


キイロサンゴハゼにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*