パールロイヤルディスカス

パールロイヤルディスカス.png
パールロイヤルディスカス
写真提供:レヨンベールアクア熱帯魚飼育図鑑

ディスカスは生育地とは別に、カラーや模様の入りかたによって、ブルー系、スポット系、ライン系、パール系、ソリッド系などに分けられます。これらは、個体レベルで重複される好みとして、改良品種もこれらをポイントに改良が行われます。

南側からアマゾン川中流に合流するマディラ川、カヌマ川、マリマリ川、アバカシス川、マウエス川の領域は、地形的に各支流が入り混じる複雑な流れのエリアで、なうかつ雨季の間周辺のジャングルが水没すると、各支流が繋がるエリアであることもあって、ヘッケル、ブルー、ソリッド系ディスカスと、さまざまなパターンのディスカスが交雑し合っています。

マディラ川は、マウエス川、アバカシス川、マリマリ川、カヌマ川の水を集めて、アマゾン川に合流する川で、美しいオレンジのソリッドが見られることもあります。マディラ川の河口域のノーバオリンダは、ディスカスマニアにとってはなじみの深い産地となっています。

またパール系は、小豆状の水玉が並んでいるような柄が特色です。全身に小豆状の水玉が入っている個体は、水槽内で目を引き、見ていて飽きのこない美しさがあります。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


パールロイヤルディスカスにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*