コリドラス シュワルツィ

コリドラス シュワルツィ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

コリドラス・シュワルツィ(学名:Corydoras schwartzi)は、体長約6cm。4本くらいのラインが体の後半に入り、背びれの棘が白くなるのが特徴のコリドラスです。

特にオスの個体は背びれが長く伸びるために人気がありますが、コルドラスの中でもシュワルツィは、背ビレと胸ビレの棘条に強い毒を持ち、刺されると非常に痛いので、素手で触らないなど、注意が必要です。

一般にコリドラスのショートノーズタイプは、繁殖が容易とされていますが、シュワルツィは、アークアトゥスと並んで、繁殖は難しいとされています。

アマゾン河本流に南側から合流するプルス川に生息しています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


コリドラス シュワルツィにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*