コリドラス・ピグマエウス


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

コリドラス・ピグマエウス(学名:Corydoras pygmaeus)は、最大でも3cm程度と、コリドラスの中でもっとも小型な種類です。ピグミーコリドラスとも呼ばれ、古くから親しまれているコリドラスの仲間です。

他のコリドラスとは違い、スイスイとよく泳ぎます。同種が群れになって泳ぐ姿もキュートです。

混泳の相手は、サイズ的に見ても、あまり大きくならない、大人しい種類が望まれます。

イトメはじめ、ブラインシュリンプやミジンコなどを好みますが、見た目よりも大食漢で、人工飼料もよく食べます。混泳水槽では他の魚に餌を取られてしまう可能性があるため、沈下性のコリドラス専用の飼料も併せて与えるようにします。人工飼料にもよく懐き、小柄ながら飼育は容易です。

ブラジル、ペルー、エクアドルに分布し、pHは極端な偏りがない限り、気にせず飼育できます。水質の悪化から来る亜硝酸濃度や硝酸濃度の上昇には注意します。

体の大きさとは対照的に大きな卵を産むため、小型のコリドラスでありながら、比較的容易に繁殖させることもできます。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


コリドラス・ピグマエウスにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*