ロングノーズ メガメタエ

ロングノーズ メガメタエ

ロングノーズ・メガメタエ.png
ロングノーズ・メガメタエ
写真提供:レヨンベールアクア熱帯魚飼育図鑑

メタエに似たセミロングタイプ、ロングノーズタイプのものをコリドラス・メガメタエと呼んでいます。アイバンドに背中に入る黒いラインはメタエと同じですが、メガメタエのほうは背ビレは全部黒くなりません。胴長で、吻もやや長く、体色も明るく、全体的にオレンジ色を帯びているのも、メタエとの違いです。

サイズは、最大で7㎝くらいで、メタエよりも若干大きいようです。

ネグロ川水系のウニニ川などに生息し、弱酸性の水質を好む傾向にあるようです。一部のショップでは、アマゾン川のかなり上流のペルーの川(ワジャガ川など)を記載しているところもあるようです。

コリドラスに共通した高温に弱い傾向以外、水質の適応範囲も広く、 いったん水槽で落ち着いてしまうと、丈夫で、飼育は容易です。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ロングノーズ メガメタエにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*