アミチョウチョウウオ


*画像クリックでamazon.co.jpの関連画面に飛べます。

アミチョウチョウウオ(学名:Chaetodon rafflesii)は、黄色地に網目模様が美しい、体長15㎝ほどの小型チョウチョウウオです。

飼い込ごとに体表の黄色が強くなり、鮮やかな色になって行きます。

同じ仲間のレモンチョウチョウウオ(学名:Chaetodon semeion)に似ていますが、アミチョウチョウウオは、黄色地に網目模様が入ることで区別されます。

太平洋~インド洋のサンゴ礁や岩礁域に棲息し、サンゴのポリプや底生小動物を食べて生活しています。稀に日本のサンゴ礁域でも見られることがあります。幼魚は枝サンゴなどの枝間に見られます。

サンゴのポリプや底生小動物を食べる雑食性で、餌付けはさほど難しくありません。普段岩陰で棲息しているせいか、非常に臆病で、警戒心が強く、隠れていて、エサを与えても姿を見せません。落ち着いた環境づくりで、まず、水槽に慣れてもらうことが先かもしれません。慣れれば、乾燥飼料も、食べるようになります。

丈夫で飼いやすい種類です。

幼魚は成魚に比べ、網目模様が薄いので、別種と間違われやすくなっています。そこそこの価格で出回っています。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


アミチョウチョウウオにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*