ベタ・チャンノイデス

ベタ・ チャンノイデス.png
ベタ・ チャンノイデス
写真提供:レヨンベールアクア熱帯魚飼育図鑑

ベタ・ チャンノイデス(Betta channoides)は、ヒレのまわりが白く縁取りされているのが特徴の可愛いベタの1種です。

チャンナは、「スネークヘッドのような」という意味で名付けられましたが、実際の姿はスネークヘッドと比べてとても小さく、成長してもせいぜい体長3~4cmぐらいです。成長していくうちに、全体に赤みが増してチャンノイデス本来の美しさが出て来ます。同じグループのベタ・アルビマルギナータ (学名:Betta albimarginata )に似ていますが、アルビマルギナータとは体色の色合いが異なり、チャンナの方が丸みのある体型をしていて、尾ビレの上部と背ビレに黒が入らないことから、区別できます。

弱酸性の軟水を好みますが、飼育はさほど難しくなく、ほかの小型ベタと比べて、比較的隠れずに水槽の前面に出てきて、緩慢に泳いでいるので、見ていて楽しいです。

繁殖も比較的容易ですが、生まれてくる稚魚の数が少なく、1度の産卵で20~30匹ほどです。繁殖のときにオスが卵を口に咥えて孵化させるマウスブルーダータイプのベタでは、最小の部類に入ります。

オス同士でもほとんど闘争しないので、複数飼いしてもお互いを傷付け合うことがありません。2~3ペアを同じ水槽に入れることも可能です。

ボルネオ島東部、東カリマンタン中部のマハカム川流域で熱帯雨林のなかをゆるやかに流れる細流に生息しています。

導入時にしっかりした個体を選び、水合わせはしっかり行うようにします。

流通量は少ないようです。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ベタ・チャンノイデスにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*