ベタ・ブルディガーラ

ベタ・ブルディガーラ.png
ベタ・ブルディガーラ
写真提供:レヨンベールアクア熱帯魚飼育図鑑

赤味の強い色調のベタ・ブルディガーラ(学名:Betta burdigala)は、成魚で6㎝ほどのベタです。

コッキーナグループの魚で、同じグループには、ベタ ・ペルセフォン(学名:Betta persephone)、ペルセフォン(学名:Betta persephone)、ルティランス(学名:Betta rutilans)などがあります。他のコッキーナ・タイプのベタに比べ、背ビレの幅が広いのが特徴です。

ベタの中では、大人しい種類になります。

典型的なバブルネストビルダータイプで、弱酸性の、低PH飼育下で、枯れ葉や流木などを使用して飼い込むことにより、素晴らしい産卵シーンも期待できます。

生餌を中心に、人工飼料にも懐きます。

インドネシア領 スマトラ島 並びにスマトラ島東横のバンカ島 に生息しています。

スマトラ島の周辺の島には、新種の発見も期待されるワイルドベタの生息地で、グリーンメタリックが美しい大型のベタ・ベリカ(学名:Betta bellica)をはじめ、多くのワイルドベタが生息しています。

最近入荷がボチボチ見られるようになって来ました。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ベタ・ブルディガーラにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*