ブラックエンゼル

ブラックエンゼル


*画像クリックで楽天の関連画面に飛べます。

改良品種は、そのエンゼルが色や形がどれだけ綺麗かどうかにかかります。改良点は、体色や模様、ウロコの発色、ヒレの形、スポット模様などに見られます。名前は、これらの改良点による組み合わせで、「~エンゼル」とつけられることになります。

ワイルド種に比べて、改良種は、養殖場の水槽内における飼育で、基本的に水質にもうるさくなく、慣れれば何でも良く食べます。初心者がエンゼルフィッシュを飼育する場合なら、まずはブリード種の中から選んで飼育する方がいいと言えます。

ブラックエンゼル(学名:Pterophyllum scalare var)は、スカラレの体色についての改良種で、体が黒一色になっています。水槽の中で優雅に泳ぐ様は、まるで陸上における黒アゲハでも観るかのように美しいと言えます。

改良品種のサイズは、母体となったスカラレのワイルドと同じ、いずれも大体15㎝前後です。

レースエンゼルと並んで、水質に神経質なところがあります。水質に関してはワイルドと同じとまではいかなくとも、どちらかと言うと酸性への傾きを好みます。また、やや気性がの荒い傾向があるようで、同種や近縁種間では、小競り合いのようなものも見られることがあります。

シェアしてみよう...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone


ブラックエンゼルにコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*