ゴールドエッジ・マグナムプレコ

ゴールドエッジ・マグナムプレコ

ゴールドエッジマグナムプレコ.png
ゴールドエッジマグナムプレコ
写真提供:レヨンベールアクア熱帯魚飼育図鑑

プレコの中型種、体長が最大40㎝になるサゴールドエッジマグナム・プレコ(学名:Scobinancistrus aureatus)です。

黒地に黄色い水玉の派手な模様は、思わず見るものを魅了し、マグナム系マグナム系(スコビアンシストルス属Scobinancistrus)の人気種です。

オスの成魚は棘を持ちます。マグナム系の中でも特に気性が荒く、混泳には十分な注意が必要です。マグナム系は、他のプレコに比べ歯が発達し、雑食性で、水底の藻類以外にも、バクテリアなどの動物質のものも摂取していると言われています。人工餌に加え、冷凍赤虫なども与えるといいでしょう。

ブラジル・マトグロッソ高原から北へ流れ、アマゾン川河口のデルタでアマゾン川に合流するシングー川に生息しています。流れの強い水系で生息していることから、水槽内にはエアーレーションを強くして、水流とともに十分に酸素を行き渡らせる必要があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*