熱帯魚の病気と治療 一覧

尾ぐされ病

尾ぐされ病 (カラムナリス症) 【原因】 外傷などを負った場合、その傷口からフレキシバクター・カラムナリス(滑走細菌類のグラム陰性菌)による細菌感染によって起こります。熱帯魚同士の喧嘩や、熱帯魚を[…] 続きを読む

水カビ病

タクチロギルス症・ギロダクチルス症(吸虫症) 【原因】 ダクチロギルスやギロダクチルスと呼ばれる寄生虫(扁性動物の吸虫類で単世代吸虫)が0.2~1.5mm程の突起を、エラの上皮に差し込んで、固着寄[…] 続きを読む

エラ病 

エラ病(カラムナリス症) 【原因】 吸虫類フレキシバクター・カラムナリス(滑走細菌類:グラム陰性菌)のが寄生し、粘液細胞やカビなどが発生します。春先や入梅時期などに多く見られ、事前に予防します。 […] 続きを読む

ツリガネ病

ツリガネ病(エピスチリス病) 【原因】 ツリガネ虫(繊毛虫:エピスティリス)が魚体のウロコに着生し、そこが増殖の場となって鱗を食い荒らす病気です。水温12℃以上で発生します。エピスティリスは、魚体[…] 続きを読む

穴あき病

穴あき病(非運動性エロモナス病) 【原因】 非運動性エロモナス菌の細菌感染により発病する病気です。エロモナス菌は、淡水中の常在菌で、「運動性のもの」と「非運動性のもの」が存在し、この病気は「非運動[…] 続きを読む

病気の原因

熱帯魚の病気の原因には、多くは細菌や寄生虫によって引き起こされます。 細菌や寄生虫にはさまざまなものがありますが、こうした寄生虫や細菌が水槽内殖えやすくなる原因に、水槽内の水の汚れの問題がありま[…] 続きを読む

松かさ病

松かさ病(運動性エロモナス病) 【原因】 運動性エロモナス菌(グラム陰性菌)による細菌感染症で、pHが低下し腐敗している環境で発生します。エロモナス菌には、「運動性のもの」と「非運動性のもの」があ[…] 続きを読む

病気の症状

病気は、細菌や寄生虫によって引き起こされる場合が多くあり、その症状はさまざまですが、毎日、熱帯魚を観察していれば、少なくともいつもとは違うということには、気が付くようになってきます。 病気は早期[…] 続きを読む

薬浴治療

薬浴で治療する 魚が病気にならないよう日頃のメンテナンスや魚の状態に気を配り、病気にならないように予防することが、なにより大事です。それでも病気になってしまったら、飼育者自身が迅速に治療してやらなけ[…] 続きを読む